« 12月17日 土曜日 second day | トップページ | TSL2006 下村 »

2006年1月17日 (火)

12月18日 日曜日 last day

それでは3日目です。STAGEのシモムラ君も感動の最終日です。

京都外国語大学 サウンドアーツ 「マルコムX」
最終日の1発目、日本中、世界中探しても、このバンドに任せてよかったと思いました。男3人、ひたすら不器用で、ひたすら純粋な演奏に心を射抜かれた。

京都橘大学 軽音楽部「②」
女の子5人。椎名林檎、東京事変のコピー。みんなうまかったなあ。思わず会場のお客さんも口ずさんでいる方もチラホラ。MCもこなれた感じで会場を和ましてくれました。

立命館大学 BRISE MUSIC 「Little Beaver」
ライブ前にガチガチにみなさん緊張してはりましたが、本当に初めてのライブ?と聞きたくなる程よかったです。オリジナルの完成度も高いし、どんどんライブしていったらすごいバンドになりそう。がんばれ、後輩。

京都工芸繊維大学 軽音楽部 「VHS」
ビジュアル系バンドの人は演奏がうまい、それは人一倍音にこだわり、人一倍練習しているから。そして、いい人が多い、人一倍お客さんを楽しませる事を考えている。VHSはそんなビジュアル系の風習をしっかりと受継ぎ、継承する素晴らしいバンドでした。

京都府立大学部 「TARO」
全曲オリジナルの直球エモバンド。決して暑苦しい感じにはならず、うまいこと緩急をつけてくる曲の構成
一番完成されたバンドサウンドを聴かしてくれました。

大谷大学 FOLK SONG部 「Duo Jet」
プライマルスクリーム、キンクス等のコピーバンド。VOXホールをイギリスのパブに変貌させてくれました。もちろん行ったことはありません。ボーカルの大橋君とは今度「ストーンローゼズは1枚目か2枚目か」というお題でビールを飲みながら語り合いたいと思います。

立命館大学 ロックコミューン 「ダイナミックカロリーズ」
名門ロックコミューンは今年もとんでもないバンドを送り込んできました。明らかに他のバンドとは異質のオーラを放ち、鋭い所をついてくる。変拍子を多用した独特の展開、ベースレスの特異なサウンドはまるで夏に観た「妖怪大戦争」を想起させる。なんじゃそりゃ。

同志社大学 とんがりぼうし 「たーとるず」
大トリです。前回も出演してもらい、次の大トリはこのバンドしかありえないと確信し、無理を言って出演してもらいました。前回よりもオリジナルは増え、演奏力もアップしており本当に最高のラストを飾ってくれました。ありがとう、たーとるず。もっと大きな亀になってください。応援しています。

最後に来ていただいたお客様、出演していただいたバンドの皆様、VOXホールのスタッフ様、本当に本当にありがとうございました。まだまだ、小さな小さなイベントです。至らないところが莫大にありました。しかし、我々JEUGIA STAGE一同はこれからも皆さんのバンド活動を応援し、その一つの結晶としてこのイベントをどんどん大きくしていきたいと思っています。今年の冬も第3回目を迎えれたらと思います。よろしくお願いします!!

marukomx

2

little_beaver

vhs

taro

duojet

dinamic

tartoles

« 12月17日 土曜日 second day | トップページ | TSL2006 下村 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131897/8211083

この記事へのトラックバック一覧です: 12月18日 日曜日 last day:

» ストーン・ローゼズ [名盤!]
気分が晴れない日が続く2006年。 そこで、どうしても踊れるCDを聴きたくなる。 まぁ、元々踊れる音楽が大好きなので、気分が晴れてようが、曇っていようが、はたまた嵐であろうが、常にそんなCDを聴きたくなるのだが。... [続きを読む]

« 12月17日 土曜日 second day | トップページ | TSL2006 下村 »