« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月27日 (金)

なーつがすーぎかぜあざみ 下村

おやおや、そこで泣いてる女の子。
泣くのはおやめ、さあドロップあげるよ。


どうも、しもむらです。


某kさん→コメントありがとうございます!!!えーっとその賞について考えた結果。。。。。

ダダダダダダダダダダダダダダダダダ。。。。。


ジャン!!


ベスト管楽器賞は。。。。。


「haRcy DIMPLE」!!!
Tp、大橋早苗 Tp、荻田彩香 Sax 西村奏


パソコン不調のため画像がのりませんでした。笑
JEUGIAホームページのTEENS新春ライブのとこからチェックチェック!!!

非常に音楽を楽しんでるのが印象的で、管の三人とものブレイクがよく合い、ピッチも良かったのでこの度選出させていただきました!
これからも頑張って欲しいです!1!

そうそう。TEENSライブIN滋賀があります!!
滋賀のティーンももちろん、京都、大阪等、県外でライブをしたいと思っているみんなには最高の機会です!
3月18日 滋賀近江八幡COCOZA というライブハウスでおこなわれます!
もちろん僕も当日スタッフで行きます!
なんとね、1グループ2000円でライブができますよ。

普通にライブ出たりするとノルマとか高いのでこの機会に是非出て下さい!!
各店舗の店頭での問合せはもちろん、メールでの問合せもいけますよー!
下村宛で送ってくれると尚良しです!

みなさまおまちしておま。


さあ、お店は閉店でーす


2006年1月23日 (月)

子どもの頃の夢は野茂英雄を超える男になること。  下村

こんにちは、さあやってまいりました。

新春ライブの下村的、「ベストオブ下村フェイバリッツソロ賞」、各ベストプレイヤー賞の発表。

先にバンド紹介をしてしまったが為、各方面からクレームがきそうなので、一人づつ賞を作ってみたので、ねー!

あくまでも個人的な意見ですので、決して2チャンネルに書いたりしないで下さい。笑

そして悲しくも、商品はありません。

各賞は

「ベストオブ下村フェイバリッツソロ賞」

「ベストボーカリスト賞」

「ベストギタリスト賞」

「ベストベーシスト賞」

「ベストドラマー賞」

さあ、発表します。

まず

「ベストオブ下村フェイバリッツソロ賞」は。。。。。。。

「ヘリウムニンゲン」(岡部匡志)!!!!

1

拍手!!!!

ピアノの旋律と、歌のメロディーが綺麗に合わさり、切ない歌詞とシンクロし聞くものの気持ちを一歩前へ動かしたのではないでしょうか。

活動場所は主に自分の部屋だそうです。笑 彼の彼女になってみては、、、

さあ、続いては。個人賞です。

「ベストボーカリスト賞」

kikuchi1

菊池 祐輔 (TO DO A SILLY SING)

「ベストギタリスト賞」

tsuji1

辻 信弥(ナナハン)

「ベストベーシスト賞」

maekawa1

前川 恵弥(NIJI丸)

「ベストドラマー賞」

yasuda1

安田 洋平(シリカ)

以上の結果です!

受賞者のみんなおめでとう!

決して上手下手ではないです。

次回受賞を目指し頑張りましょう!!

2006年1月21日 (土)

続、続  下村

はい。

プラクティスさん→あっ、二度目の登場ありがとうございます!んんん?またコメントお待ちしてます!

さー続き。

おすすめおすすめおすーすめ。1

「シリカ」(神戸)

神戸出身3ピースロックバンド「シリカ」

疾走するドラムに、包むような空気感のあるベース、優しく哀愁漂うギター、聞くものの耳を話さないメロディアスに歌い上げるボーカル。

疾走するサウンドに絵が浮かんでしまうような歌詞、高校生らしからぬセンスでこれまで出場したTEENS’大会ではオーディエンスのみならず、関係者からも高く評価されている。

ライブスケジュール

2006/2/4(土)大阪Vi-code「TEENS' SPECIAL LIVE VOL.2」
Open 17:30 / Start 18:00
Adv/Door:無料 (ドリンク別)

ピンキーショコライオン/ひまわりバンビルーム/聖雪/シリカ

詳しくは、オフシャルWEBサイトへ↓

http://shilica.mpage.jp/

2006年1月19日 (木)

TSL2006 下村

色々な壁を乗り越えてやっと書き込むことができました!!!!

はい、TSL2006(勝手に付けたけどTEENS新春ライブの略)が終わりました!!

そして僕は、一人暮らし4年目してやっと念願の掃除機を買いました!!拍手!

はいほんとに、TSL2006に関わって下さった皆様ありがとうございました。

今回も、良い出会い、良いフィーリングに出会うことができました。

ほんとありがとう。

それでは、先日1月14,15日と二日間行われたJEUGIA企画TEENS新春ライブの下村的ピックアップレポートを書き書きDOします。

良かったバンド、アーティストを紹介しますので全てではないんですよ。。。

まず、15日に出てくれた大阪の

TO DO A SILLY SING_2

大阪出身4人組POPROCKバンド。

メンバーの平均年齢は18歳。

TEENS’MUSIC FES2005にて大阪代表で関西沖縄大会に出場。

その実力派のバンド、甘いボーカルに、安定した楽器隊、イケメン池田(ドラム)実家は池田金属。

バンド名の意味は「バカな事をしよう」という意味だが、その意に反するような優しいメロディーは誰しもが口ずさんでしまうだろう。

クールなメンバーだが、話すと優しくいい人揃い!

ライブスケジュールは

1月23日(月)WEST SIDE LOVER 2006 GO ON FIRST STAGE #6 心斎橋AtlantiQs

2月8日(水)寝屋川ビンテージ

2月14日(火)心斎橋AtlantiQs

3月3日(金)京都VOXHALL

皆様ぜひ足を運んで下さい!!

2006年1月17日 (火)

12月18日 日曜日 last day

それでは3日目です。STAGEのシモムラ君も感動の最終日です。

京都外国語大学 サウンドアーツ 「マルコムX」
最終日の1発目、日本中、世界中探しても、このバンドに任せてよかったと思いました。男3人、ひたすら不器用で、ひたすら純粋な演奏に心を射抜かれた。

京都橘大学 軽音楽部「②」
女の子5人。椎名林檎、東京事変のコピー。みんなうまかったなあ。思わず会場のお客さんも口ずさんでいる方もチラホラ。MCもこなれた感じで会場を和ましてくれました。

立命館大学 BRISE MUSIC 「Little Beaver」
ライブ前にガチガチにみなさん緊張してはりましたが、本当に初めてのライブ?と聞きたくなる程よかったです。オリジナルの完成度も高いし、どんどんライブしていったらすごいバンドになりそう。がんばれ、後輩。

京都工芸繊維大学 軽音楽部 「VHS」
ビジュアル系バンドの人は演奏がうまい、それは人一倍音にこだわり、人一倍練習しているから。そして、いい人が多い、人一倍お客さんを楽しませる事を考えている。VHSはそんなビジュアル系の風習をしっかりと受継ぎ、継承する素晴らしいバンドでした。

京都府立大学部 「TARO」
全曲オリジナルの直球エモバンド。決して暑苦しい感じにはならず、うまいこと緩急をつけてくる曲の構成
一番完成されたバンドサウンドを聴かしてくれました。

大谷大学 FOLK SONG部 「Duo Jet」
プライマルスクリーム、キンクス等のコピーバンド。VOXホールをイギリスのパブに変貌させてくれました。もちろん行ったことはありません。ボーカルの大橋君とは今度「ストーンローゼズは1枚目か2枚目か」というお題でビールを飲みながら語り合いたいと思います。

立命館大学 ロックコミューン 「ダイナミックカロリーズ」
名門ロックコミューンは今年もとんでもないバンドを送り込んできました。明らかに他のバンドとは異質のオーラを放ち、鋭い所をついてくる。変拍子を多用した独特の展開、ベースレスの特異なサウンドはまるで夏に観た「妖怪大戦争」を想起させる。なんじゃそりゃ。

同志社大学 とんがりぼうし 「たーとるず」
大トリです。前回も出演してもらい、次の大トリはこのバンドしかありえないと確信し、無理を言って出演してもらいました。前回よりもオリジナルは増え、演奏力もアップしており本当に最高のラストを飾ってくれました。ありがとう、たーとるず。もっと大きな亀になってください。応援しています。

最後に来ていただいたお客様、出演していただいたバンドの皆様、VOXホールのスタッフ様、本当に本当にありがとうございました。まだまだ、小さな小さなイベントです。至らないところが莫大にありました。しかし、我々JEUGIA STAGE一同はこれからも皆さんのバンド活動を応援し、その一つの結晶としてこのイベントをどんどん大きくしていきたいと思っています。今年の冬も第3回目を迎えれたらと思います。よろしくお願いします!!

marukomx

2

little_beaver

vhs

taro

duojet

dinamic

tartoles

12月17日 土曜日 second day

それでは2日目、いってみよう!(欽ちゃん風)

京都学園大学 軽音楽部 「3.2.1.マイマイ弐」
昨年から連続出場、去年の印象はとにかく「バンドをするということ」を楽しんでいる、いいバンドだなあと思いましたが、今年はオリジナルにも挑戦し、「悩みながらバンドをするということ」を楽しんでいました。何が言いたいのかというと、成長しましたねということ。今年も1発目、ありがとうございました。

京都教育大学 軽音楽部「star sclupture」
度肝を抜かれるとはまさしくこのこと。3ピースとは思えぬ圧倒的な音圧。リズム隊がまずしっかりしていました、おそらく普段クラブミュージックを好んで聴いておられるのかもしれない。その上でギターとボーカルは自由に暴れ回る。最強のトライアングル。こんなバンドに入りたかった。

佛教大学 軽音楽部 「For you」
太陽族、ガガガSP等のコピーでひたすら疾走していただきました!!緊張しながらも全力でライブを楽しんでくれる姿は非常に好感が持てました。これからはオリジナルにも挑戦してさらに成長してくれ!!

立命館大学 NEW MUSIC研究会 「森の叫びを聞け!!」
緊張と緩和。5人のグラインダーの森林保護ミュージック。ちなみに私も学生時代、友人達と「森」というアルバムを制作しました。2ndアルバムは「小泉」にしようというのを決めたぐらいに卒業しましたとさ。

京都教育大学 FOLK SONG部 「CAS-CAS」
奇才、岡崎氏率いる前衛プロジェクト第2弾。今年のテーマはマイルスデイビスmeets高橋名人、その名も「空中潜水」。平穏な日常を潜り込むためのサウンドトラック。

立命館大学 キークス 「KAHLUA」
今年の新人賞。1回生ながらも素晴らしいオリジナルを聴かせてくれました。シンプルでポップなバンドながらも、どこかしらクセがあって、聴いてて飽きない。どんどん良くなっていくんやろうなあ。

佛教大学 オールディーズ研究会 「石井佑憲」
全曲オリジナル。アコギ1本。故郷の唄。初恋の唄。友達の唄。
迷いのないその声に、グッときました。これからも歌い続けてください。そのままで。シンプルに。

同志社大学 FAC 「MELODY ♭」
2日目のトリです。演奏力、歌唱力も高い。オリジナル曲の完成度も高い。特にメロウなギターが良かったです。このイベントに総じて言えるんですが、ギタリストの皆さんコーラスの使い方が非常にうまいですね。

3

star_sclupture

for_you

morinosakebi

cas-cas

kahlua

ishii

music

2006年1月16日 (月)

12月16日 金曜日 first day

それでは1日目からいってみよう

龍谷大学 軽音楽部 「ポプラ」
3ピースのオリジナルバンド、ポプラ。イベント1発目を実にさわやかに、ポップに盛り上げてもらいました。ありがとうポプラ。やっぱりバンドは3ピースに限ります。無駄がない。

立命館大学 軽音楽部「日本庭園」
「何をしでかすか分からない感じ」というのはロックバンドにとって最高のステータスであり、それは「初期衝動」をいかにそのまま純粋に貫く意志で決まる。日本庭園にはあきらかにそれがありました。

大谷大学 JAZZ研究会 「TanatoS」
前年からの連続出場。緻密な演奏、ハイトーンのボーカル、硬質なリズム。そこから生まれるのは混沌とした美しい風景であり、北大路を北欧に変貌させる。

同志社大学 FSS 「PAPA」
ベンフォールズのコピーバンド。打って変わって非常にポップな雰囲気に会場が包まれる。グッドメロディはほんとに気分を良くしてくれるものです。私はどれだけこの時ビールを飲みたかった事か!

京都精華大学 軽音楽部 「無戒元志郎」
今年も出演していただきました。もはやこのイベントの看板バンド。半分冗談、挑発、皮肉、うさん臭い、結局下ネタ。原始的なパンクミュージックは常にこんな感じで、それが最高にかっこ良かったんだ。無戒さんは正真正銘のプリミティヴなパンクスだ。

京都府立大学 FSS 「FUSSA」
ビートルズの曲から始まり、YUKI、CHARAの曲をコピー。「おもちゃ箱をひっくり返したような」自分でも顔を赤らめてしまう表現がぴったりの女の子4人+男の子1人のバンド。昔、ビョークのライブを観た事があるんですがなんとも「不思議な声」やなあ、なんて感想を持ちましたが、同様に「不思議な声」の女の子2人のボーカルが印象的でした。オリジナル聴きたい。

京都精華大学 フォークソング部 「自刹喫茶」
全曲オリジナル。ヒリヒリしたギターのカッティング、轟音、薄くディレイのかかった浮遊するボーカル、ドラムはキースムーン。シビレマシタ。またじっくりライブが観たいバンドです。

京都産業大学 FOLK TRAIN 「MUSIC BAR」
初日のトリを飾ってくれました。1回生とは思えない演奏力。オリジナル曲の完成度も非常に高い。最後はB'Zの「いつかのメリークリスマス」をジャズアレンジでカバー。多彩なジャンルの曲で1日目を締めていただきました。まさしく僕らを酔わすMUSIC BAR。
popora
tanatos
nihon
papa
mukai
fuusa
jisatu_101
bar

JEUGIA MUSIC FESTIVAL'05

みなさん、こんにちは、jeugia stageの森田と申します。
さて、次回から3回にわたり昨年末12月16日17日18日にVOXホールにて
行われた「JEUGIA MUSIC FESTIVAL'05」を情熱レポートしていきたいと思います。
このイベントの簡単な説明から行いたいと思いますが
このイベントは2004年に第1回目を迎えたまだまだ若いイベントです
学生の街、京都の各大学、各サークルの代表バンドがVOXホールに集結して、ライブを行っていただき
各サークル、バンドが刺激を与え合い、今後の活動の活性化に繋がればと思い企画いたしました。
参加していただいたバンドさん、来ていただいたお客さん、本当にありがとうございました!!
それでは、レポートしていきます!

2006年1月 9日 (月)

成人の日 下村

はい、こんにちわ。

成人を迎えられた方、おめでとうございます

その中のTEENSに出てた方も沢山いるんでしょうねー!!

僕も、去年成人式出ましたねー。

懐かしい友達に会えたり、すごく良い思い出になりました。

ただ、顔を見て「久しぶりー!」とか言って、誰か分かってないってケースが多々あります。

特に女の子は変わるんでわかりません。

なんかめちゃめちゃかわいくなってたり、男前になってたり、色々ありまっせー!

今日成人を迎える皆様、式場でクラッカーならしたり暴れたりするのはやめましょう。

そういった事も卒業しましょう。

僕の田舎は、雪がすごいので成人式を2月にするのですが、去年僕は酔っぱらって道で寝て、気づいたらタクシーに友達とぎゅうぎゅう詰めになって乗っていて、気づいたらカラオケでした。

それがまた、カラオケに行くのに車で30分くらいかかるのです。吐きそうなのを我慢してタクシーに乗ってたのを思い出します。

まあ、今日は楽しんで下さい!

この自己満足ブログ、不適切なら削除して下さい。笑

2006年1月 3日 (火)

いい日、下村。

こんばんわ。

ご飯食べたいお腹減った。

えー、今日もお店には沢山のお客様が来て下さいました。

ありがとうございます。 拍手

カップル、友達同士、ファミリー。

正月って感じですねー!

僕、今年初詣に行ってきました!

最初は松尾大社に行こうと思ったのですが、自転車での上り坂にくじけて近所の春日神社へ行きました。

屋台がでてるー!

お参りをしておみくじを引くと、「大吉」でした(^0^¥)

きゃっきゃっきゃっきゃ★☆★☆

今年もいろんな事を感じて大きくなれたらなと思います。

写真はピンキーショコライオンの先輩「HOT SONIC」の直紀くん(左)w/仲間達

レコ発おめでとう!

あっピンショコもレコ発おめでとう!

swsn5_030

2006年1月 1日 (日)

ひさびさ下村

毎度毎度。

さぼりすぎでした。

すいませんでした。

各方面にすいませんでした。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
昨日ずっと飲んでて2時間しか寝てなくて今日はヘビーです。

2006年も僕(等)はTEENSを応援します!


いきなりですが告知します。

来たる1/14.15にVOXホール(三条河原町)にて、JEUGIA企画
「TEENS新春ライブ」を行います!
毎日毎日イライラしたり、愛を感じたり、各方面にええ加減にせえよという気持ちももちつつ(笑)
開催まであと2週間となりました。


えーセッティング表まだ出してない出演者の皆様。
はやくだして下さい。
チケットをまだ取りに来てない方。
早く取りに来て下さい。

各方面が困ります。(笑)いやほんまに。

当日は僕の空回り絡み辛い司会に笑顔を下さい。

皆様のご来場をお待ちしております。
出演者のみんなよろしく!

マナーが守れて、あいさつが出来る子が僕は大好きです。
当日はいつもより笑顔をみせてくれると嬉しいです。
上手くても、下手でも、聴いてる人がグッと来たら演者の勝ちじゃないかな?
と、思うことが最近よくあります。
あくまでも僕の意見ですからね!

たくさん感じることができたらいいなと思います。

皆さん1/14.15はVOXホールに来て下さい!

また更新します。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »